恵那山山頂小屋
撮影 2007年1月1日
恵那山山頂小屋
場所恵那山山頂
北緯  35°26′33″
東経 137°35′55″
標高 2170m
水場 10分(300m)
 湧水
トイレ 屋外にあり
 水洗式(6〜10月)

木造平屋建て。頼もしい避難小屋です。
小屋の建つ恵那山の山頂は、針葉樹に覆われ展望は余りありませんが、その分、避難小屋ライフを満喫できるのではないでしょうか。
どうしても展望を望むなら、小屋のすぐ北側の岩の上がお勧めです。(三角点広場に展望やぐらが組んでありますが、眺めはありません。)
冬季は雨戸が閉じられ、中は真っ暗になってしまうので注意してください。

関連 2007.1.1.〜1.3. 山行記


室内の様子 談話室

室内の様子 談話室

薪ストーブがありますが、非常用です。
周囲の環境のためにも、むやみに小屋の周りから薪を拾うべきではないでしょう。
鍋ややかん、ポリタンクなども置いてありました。

室内の様子 板間

室内の様子 板間

板間には何枚か毛布が置いてあります。
梁の上には銀マットも置いてありました。

小屋のトイレ

小屋のトイレ

トイレは6〜10月は、雨水を利用した「水洗式」。当然雨が少なければ使用できません。
11〜5月は非水洗式となります。どうやって汲み取るのでしょうか。

当時のメモ帳より

小屋の間取り

メモ帳より小屋の間取りです。
部屋の壁には山頂小屋に届いた「木のはがき」が飾られていました。

1998年頃の小屋

1998年夏

現在のトイレの簡易水道がこちらで使われていました。

撮影 1998年7月29日


inserted by FC2 system